白内障日帰り手術

白内障手術とは

白内障の手術

白内障日帰り手術白内障の手術では、濁った水晶体を超音波で砕いて取り出す超音波水晶体乳化吸引術を行い、人口の眼内レンズを挿入するという方法が主流になっています。

白内障手術は目薬の麻酔を用い、手術自体は10分程度という短時間で終了します。縫合の必要がなく、ほとんど痛みもないため、手術後すぐにご帰宅して日常生活に戻ることができます。そのため、日帰り手術で受けられる方が増えています。

「眼の手術はなんとなく怖い」「白内障はひどくならないと手術できない」とお考えの患者様もまだいらっしゃいますが、白内障手術は技術が進歩し、手法が確立しています。見え方に不安や不自由を感じたら、手術を受けてQOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)を向上させることをおすすめします。

opeope

当院の手術の特徴

1衛生管理の徹底と危機管理

当院では、最新鋭の手術機器の導入だけでなく、徹底した衛生管理と危機管理を行っています。衛生管理では、眼の手術は全身の手術を行うことと同じと捉え、オペで使用する手術の道具はディスポーザブル製品を使用し、機材なども徹底した洗浄・消毒・滅菌を行い、手術室にはへパフィルターを完備し、オゾン水を使用した手洗いを行うなどしています。危機管理に関しては、突然の停電があっても手術を安全に継続できるよう、院内バッテリーを設置して万が一に備えています。

2インフィニティ ビジョンシステム Ozil-トーショナルフェイコ

この超音波白内障手術装置は、従来の機器に比べ、小さな切開(2.2mm)で安全性の高い手術を行うことを可能にした最新機器です。Ozil-トーショナルフェイコという超音波ハンドピースは、縦方向のみだった従来の超音波振動に加え、横方向の超音波振動の発生が可能になり、超音波エネルギーをより有効に使うことができるようになっています。

3患者様のお気持ちに寄り添いながら、より質の高い医療を

患者様のお気持ちに寄り添うことで、より質の高い医療を提供することができると当院では考えています。そのために、お悩みがあってご不安を感じておられる患者様を温かくお迎えし、丁寧にカウンセリングや検査、診療を行って、わかりやすくご説明することでご不安を解消しながら、最適な治療を一緒に考えていくことを心がけています。

医師や看護師だけでなく、経験豊富な視能訓練士や眼科コメディカルなど眼科検査のスペシャリストであるスタッフが常勤していますので、ご不安がありましたらなんでもご相談ください。

4先進医療認定施設

当院は厚生労働省より先進医療実施施設として認定されております。これまで多焦点眼内レンズを使った白内障手術(水晶体再建術)は、保険適応がないため、診療費・検査費も含めて全て自費診療となり高額な医療費がかかりました。
認定施設で治療を受ける場合、診療費・検査費は保険適応になり、民間保険の先進医療特約に加入されている方は、手術の給付金が受けとれるようになりました。

群馬県渋川市 いその眼科 白内障日帰り手術専門サイト Tel:0279-60-6677 診療時間8:50~12:30/14:45~18:00 休診日 土曜午後、日曜、祝日   手術日水曜
群馬県渋川市 いその眼科 白内障日帰り手術専門サイト Tel:0279-60-6677 診療時間8:50~12:30/14:45~18:00 休診日 土曜午後、日曜、祝日   手術日水曜